高2孫殺害、懲役8年求刑 福井地裁公判

産経ニュース

福井市の住宅で令和2年、同居する孫で高校2年の冨沢友美さん=当時(16)=を殺害したとして、殺人の罪に問われた無職、進被告(88)の裁判員裁判論告求刑公判が26日、福井地裁(河村宜信裁判長)で開かれ、検察側は懲役8年を求刑した。

公判の争点は被告の刑事責任能力と量刑。19日の初公判で、被告は殺意を否認した。検察側は「殺害の動機は被害者に対する怒りやストレスだ。被告は認知症だが、殺すという目的にかなう行動をしている」として、限定的ながら責任能力を持つ心神耗弱状態だったと指摘。

一方、弁護側は認知症などの影響で心神喪失状態だったとして無罪を主張した。

起訴状によると、2年9月9日夜、殺意を持ち友美さんの首を包丁(刃渡り約17センチ)で突き刺すなどして殺害したとしている。

  1. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月16日OA第92話あらすじ 独立に向けて課題が山積みの暢子(黒島結菜)、賢秀(竜星涼)は我那覇と再会し…

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 「やばい、やばい!」響く悲鳴で朝のホーム騒然 神戸の飛び込み事故