現実味のある表情に 警察官が似顔絵作成に挑む

産経ニュース
捜査用似顔絵作成の研修を受ける警察官ら=京都市上京区
捜査用似顔絵作成の研修を受ける警察官ら=京都市上京区

犯人の捜索や逮捕で重要な資料となる捜査用似顔絵の研修会が、京都府警本部で行われ、実際の捜査と同じ状況が再現される中、警察官が犯人の顔を描き上げた。

府警本部や各署に所属し、一定の技量を認められた捜査用似顔絵技能指導員ら約30人が参加した。

講師の飯田真人・京都市立芸術大教授(54)が、線の濃淡で陰影をつけたり、目の高さを顔の中心に描いたりすると、より現実味のある表情や特徴を捉えられると説明。参加者は2人一組となり、1人が映像に登場する人物を記憶し、もう1人に伝えて似顔絵の作成に取り組んだ。

昨年府警が作成した似顔絵227枚のうち、29枚が摘発につながる資料になった。鑑識課の新井陽子巡査部長(30)は「防犯カメラが普及しているが、犯人と対面した人から得た似顔絵は重要な資料だと再確認した」と話していた。

  1. 「ちむどんどん」善一が比嘉家を見放さなかった理由が判明?「スッキリ」と納得 一方「一気に冷める」と落胆の声も

  2. ダルビッシュ、大谷を絶賛「本当にすごいなとしか言いようがない」

  3. 【列島エイリアンズ】中国系裏風俗編(2) 福建省出身、人気女優似の美女が出てきた ベニヤ板越しに聞こえる男女の息遣い

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 「ちむどんどん」愛(飯豊まりえ)と和彦(宮沢氷魚)のキスを暢子(黒島結菜)が目撃…次週予告に「男女4人夏物語」?