阪神・森木、2軍戦でプロ初勝利 6回無失点&自己最速タイ155キロ

サンスポ
一回、末包を三振に仕留め、ほえる森木(撮影・二星昭子)
一回、末包を三振に仕留め、ほえる森木(撮影・二星昭子)

155キロで初勝利! 阪神のドラフト1位・森木大智投手(19)=高知高=が25日、ウエスタン・広島戦(鳴尾浜)に先発。プロ入り後最長の6回を投げ、3安打無失点でプロ初勝利をあげた。自己最速タイの155キロをマーク。将来性豊かな右腕は着実にステップアップしている。

照りつける太陽の下で、森木が燦然(さんぜん)と輝いた。剛腕から繰り出す速球にバットは空を切る。虎の未来を背負う若虎がエースへとつながる1勝目を刻んだ。

「日々、自分がどれだけ進歩しているかというところが大事。少しずつですけど、よくなって、少しずつ成長しているという実感もあるので、充実しているのかなと思います」

4日の広島戦(由宇)以来となる、公式戦2度目の先発。前回は4回6安打6失点と打ち込まれた鯉打線相手だが、「リベンジの登板になる」と試合序盤から飛ばした。

一回、味方の失策も絡み2死三塁とピンチを背負う。打席には広島のD6位・末包(大阪ガス)。カウント2-2から5球目、うなりをあげた剛球はズドンと音を立て、片山のミットにおさまった。自己最速タイの155キロで空振り三振。「ヨッシャー!」という雄たけびが響き渡った。

  1. 薬物所持で逮捕…沢尻エリカの身を滅ぼした「ドラッグとセックス」 ささやかれ続けた疑惑、2009年の契約解除も…

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  5. 「たばこ吸わない、お酒飲まない…」元KAT―TUN・田中聖の〝奇行と予兆〟 覚醒剤所持の疑いで逮捕 インスタにはタトゥー写真投稿、本人はクリーンさ主張