阪神・大山は「何番でもチャンスが回ってくる」 「元4番」が田中将大から意地の一打

zakzak
大山に適時打を打たれた田中(左)は叫んだ=24日、甲子園
大山に適時打を打たれた田中(左)は叫んだ=24日、甲子園

セ・リーグ最下位低迷中の矢野阪神が交流戦開幕となった24日の楽天戦(甲子園)で、絶対的エースの田中将大投手(33)から〝虎の子〟の1点をもぎ取って零封勝利。交流戦好発進とともに今季2度目の3連勝もマークした。

この日は西勇輝投手(31)ら5投手が必死の無失点リレーでしのいだが、最大の殊勲者は不振&故障に悩まされてきた昨年の4番・大山悠輔内野手(27)だ。6回の左翼守備でフェンス激突の好プレーを演じ、失点を阻止すれば、その裏に難攻不落のマー君から値千金の決勝タイムリーを放った。

「何としても点を取りたい展開だったので食らいついていった。その前にいいプレー(守備での好捕)が出たのでその勢いのままいきました」。そんな大山に矢野燿大監督(53)は「外野が主になっても違和感なくというか、あのプレーで流れがこっちにきた」と感謝することしきりだった。

今季の大山は開幕4番を2年目の佐藤輝明内野手(23)に奪われ、打順は屈辱の7番でスタート。2年連続20発超えの元4番もシーズンに入って不振も目立ち、後輩の佐藤輝が結果を出している際は「三塁も4番も奪われましたわ」と井上ヘッドコーチら首脳陣に自虐的にこぼすこともあったという。

  1. 【列島エイリアンズ】中国系裏風俗編(2) 福建省出身、人気女優似の美女が出てきた ベニヤ板越しに聞こえる男女の息遣い

  2. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  5. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図