ヤクルト・田口の20球 延長十回無死満塁…しびれた!サヨナラ呼んだ!「皆さんと同じようにドキドキしていました」

サンスポ
田口が延長十回無死満塁のピンチを脱し、雄たけびを上げた(撮影・今野顕)
田口が延長十回無死満塁のピンチを脱し、雄たけびを上げた(撮影・今野顕)

(日本生命セ・パ交流戦、ヤクルト3x-1日本ハム=延長十一回、1回戦、ヤクルト1勝、24日、神宮)何度も、何度も雄たけびをあげた。ヤクルト・田口麗斗投手(26)が延長十回無死満塁から登板。絶体絶命のピンチを無失点で切り抜け、劇的勝利を呼び込んだ。

「いらないことを考えると自分の思った投球ができないので、無になっていきました。皆さんと同じようにドキドキしていました」

〝田口の20球〟として語り継がれるはずだ。まずは清宮を外角高めの直球で空振り三振に斬ると、続く万波との対戦時には自己最速となる151キロの直球を計測。最後は内角のスライダーで遊直に。この打球をジャンプ一番で好捕した長岡のプレーに、大きくグラブをたたいた。

巨人時代の元同僚、宇佐見にはいきなり3ボールとしたが、頭は冷静だった。最後は高めの直球で空振り三振。渾身(こんしん)のガッツポーズを繰り出した左腕に、神宮のスタンドからは万雷の拍手が送られた。

高津監督は「清宮君のところで合わせてくれと言っていた。ノーアウト満塁は想定していなかったけど、よく開き直って全力でいったと思う」と評価。頼れる左腕がブルペンを支える。

  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. 1年間に売れた韓国車は1台!?日本車シェアほぼ100% 知られざる親日国パキスタンの素顔

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 秋山翔吾、広島入団決定的! 背番号『9』3年総額4億円規模、当初は西武有力も…誠意で心動いた

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」