浦和が0-2で敗れる ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)判定に泣く…8試合勝ちなし

サンスポ
C大阪―浦和。前半、競り合うC大阪・原川(左)と浦和・岩尾=ヨドコウ
C大阪―浦和。前半、競り合うC大阪・原川(左)と浦和・岩尾=ヨドコウ

明治安田J1第15節(25日、C大阪2-0浦和、ヨドコウ)浦和がまたも勝てなかった。ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)判定に泣く、不運な一戦になった。

前半24分、相手GKのゴールキックをMF小泉が中央でカット。FWユンカーとのパス交換から、小泉が左足でゴールを決めた。盛り上がる浦和サポーター…だったが、すぐさまVARが介入。ユンカーがオフサイドだったとされ、得点が取り消された。

「この状況を打破するには、全員が自信を持ってプレーすることが必要。最高のパフォーマンスが勝ち点3につながる」

浦和のロリカルド・ドリゲス監督(48)は試合前にこう意気込み、選手を送り出した。試合の主導権は完全に握ったが〝運〟には見放された。同27分にはMFシャルクがゴール前で右足を振り抜いたが、ゴール右ポストを直撃。ビッグチャンスをふいにした。

前半は0-0で折り返し。後半も主導権を握ったのは浦和だったが、ふたたび悪夢が待っていた。後半17分、VAR判定でペナルティーエリア内でMF関根にハンドがあったとされ、PKを献上。同22分にMF清武に右足で決められ、先制を許してしまった。

同44分、カウンターから失点し万事休す。この試合まで7試合連続の引き分けで、J1最長タイだったが、この試合は引き分けにも持ち込めず、0ー2で敗戦。これで8試合勝ちなし。J1リーグ優勝どころか、残留争いに巻き込まれる気配すら漂ってきた。


  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」暢子(黒島結菜)との結婚で先走る智(前田公輝)に「サイコホラー」「背筋ゾクッ」の声

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗