綾瀬はるか、カマキリが苦手と告白「つかめそうと思われますが、なんかパリッとしてそうで…」

サンスポ
映画「はい、泳げません」の記念イベントに出席した左から綾瀬はるか、長谷川博己、渡辺謙作監督=東京・銀座
映画「はい、泳げません」の記念イベントに出席した左から綾瀬はるか、長谷川博己、渡辺謙作監督=東京・銀座

俳優、長谷川博己(45)が25日、東京都内で行われた主演映画「はい、泳げません」(渡辺謙作監督、6月10日公開)の記念イベントに共演の女優、綾瀬はるか(37)と出席した。

同作では水泳教室を舞台に、泳げない哲学者(長谷川)と変わり者のコーチ(綾瀬)のコミカルなやりとりを通じて希望や再生を描く。2人は2013年放送のNHK大河ドラマ「八重の桜」で夫婦役を演じたが、映画では初共演。長谷川は綾瀬に、「頼れる共演者で今回は役にもスッと入れた」と感謝していた。

カナヅチの主人公にちなみ、できないことを聞かれた綾瀬は「カマキリが触れません」と告白。「すごい野生児っぽい感じで、つかめそうと思われるんですが、特にカマキリが苦手で。なんかパリッとしてそうで…」と独特の表現で理由を説明。綾瀬から「触れる?カマキリ」と聞かれた長谷川は、「結構触れる。昔よくカマキリ同士を決闘させた」と明かすと、自身が着用する深緑色のスーツに言及。綾瀬に「カマキリの色みたいですみません」と謝罪して笑わせた。

役作りについて長谷川は「本来泳ぐのは好きで、水を嫌いになる感覚を作るのが難しかったけど、撮影が終わってからプールに入るのが何となく嫌になったので、ちゃんとした役作りはできたと思う」と振り返った。「学生以来、水泳をやっていなかった」という綾瀬はクロールなどを特訓。「現場ではスタッフさんも水着にキャップ姿で部活みたいだった」と雰囲気を楽しんでいた。

  1. 薬物所持で逮捕…沢尻エリカの身を滅ぼした「ドラッグとセックス」 ささやかれ続けた疑惑、2009年の契約解除も…

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  5. きっかけはウエディングドレス 入籍1カ月半の元教諭はなぜ新妻を殺害したのか