巨人・原監督、通算1181勝 天国の星野仙一さんに並んだ歴代10位

サンスポ
原監督が監督通算1181勝とし、歴代10位タイに。東京ドームのファンの声援に帽子を取って応えた(撮影・斎藤浩一)
原監督が監督通算1181勝とし、歴代10位タイに。東京ドームのファンの声援に帽子を取って応えた(撮影・斎藤浩一)

セ・リーグ2位の巨人は交流戦開幕戦となったオリックス1回戦(東京ドーム)に4―2で勝利。原辰徳監督(63)がプロ野球歴代10位となる監督通算1181勝目(904敗86分け)を挙げ、中日、阪神、楽天で監督を務めた星野仙一(故人)に並んだ。試合は同点の八回にアダム・ウォーカー外野手(30)の左前適時打で勝ち越し、連敗を2で止めた。

二ゴロ併殺打で勝利が決まると、原監督はグラウンドをにらみつけるような勝負師の顔から、いつもの優しい表情に戻った。監督16年目で〝闘将〟に並ぶ通算1181勝。長期政権の少ない現代のプロ野球で達成した記録にも、謙虚に向き合った。

「(星野さんは)尊敬する指導者、先輩、人間であった。3球団に渡って(監督を)やられた。僕が並ぶに値するものではないよ。今のところは突っ走っているだけ。新米の1年生のつもり」

七回に2点リードを追いつかれると、持ち前の積極采配で攻めた。小刻みな継投に代走、中島や丸にも犠打やヒットエンドランを指示。勝負どころと読めば迷わず動き、相手を後手に回らせた。

八回には送球難に目をつむり、左翼で起用を続けるウォーカーが決勝打。2018年に死去した星野仙一さんが監督17年間で重ねた白星に並んだ。

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」暢子(黒島結菜)との結婚で先走る智(前田公輝)に「サイコホラー」「背筋ゾクッ」の声

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  4. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」