東麻布のアパートメントホテルに、愛犬とステイケーション!

コロナ禍で気軽に旅に出かけられなくなり、都内のホテルを利用することが増えました。気分転換やリフレッシュに利用するのはもちろん、犬と滞在できるホテルも増えている昨今、愛犬との小旅行を楽しんでみたりもしています。

最近、私が足を運んだのは、2022年1月、麻布十番駅徒歩3分という絶好の立地に開業したのが、「オークウッドホテル&アパートメンツ麻布」。オークウッド(Oakwood)はシンガポールに本社があるサービスアパートメントを運営する会社で、「オークウッドホテル&アパートメンツ麻布」は国内で13番目となる施設です。

全室キッチン&洗濯機などの家電が完備していて、暮らすようにステイすることが可能。家の建て替えや長期出張で利用する人が多いんだそうです。同じオークウッドでも、施設によっては1か月以上からの受付となりますが、こちらは1泊から滞在OK。客室は全171室で、スタンダードな客室でも26平米以上。スタジオから1ベッドルーム、2ベッドルーム、3ベッドルームまでと多彩です。

私がとくに気に入った点は、すべての客室がバルコニー付きだということ。ほぼすべての客室から東京タワーを見ることができます。お向かいには、インターナショナルスーパー「日進ワールドデリカテッセン」があるのもナイス。さらに1階にはドラッグストアという便利さです(笑)。平日の朝は、ロビーラウンジに、おにぎり、クロワッサン、マフィン、フリーズドライのお味噌汁、ヨーグルトなど無料の朝食が用意されているにもいい感じです。そうそう、宿泊のゲストにのみ開放されているロビーラウンジは、私が泊まった日もバリバリ仕事している人たちがちらほらと。滞在中はコーヒーや紅茶も飲み放題ですよ。

ちなみにサービスアパートメントに泊まる時は、私は1泊でも洗濯機を利用する派(笑)。洗い立ての洋服で気持ちよくチェックアウトできるのがいいんですよね~。

で、このコラムで書くということはそうです、こちら、ワンコとの滞在も可能なんです! 「ペット&ステイ」パッケージで予約したところ、客室には、愛犬用ベッドにフードボール、ペットクッキー&スナックなどが備えられていました。パブリックスペースは、ケージなどに入れての移動が必要ですが、麻布十番界隈はお散歩コースにこと欠かないのも○。東京タワーや、六本木・広尾方面まで足を延ばすこともできますしね。窓際のソファで、大きなテレビを見ながら、足元にわんこを侍らせて過ごす時間は格別でした!

なお、4月25日(月)から、ここ「オークウッドホテル&アパートメンツ麻布」と、「オークウッドスイーツ横浜」で、犬用ベッドの「グーグースリープ」と犬の手づくりごはん屋さん「HITOWAN」とコラボした愛犬との宿泊プラン「パウ・ウェルネス(”PAW-WELLNESS)の販売もスタートしました。キッチンが完備されているので、「HITOWAN」のキューブを愛犬の好みにアレンジすることもできますしね! うーん、横浜でwithわんこステイも魅力だなあ。

わんことワーケーションが、当たり前のようになる日もそう遠くはなさそうですよ!


オークウッドホテル&アパートメンツ麻布

東京都港区東麻布3-10-5

☎︎03-6807-490

6https://oakwood.jp/azabu/

  1. 残り4話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月27日OA第122話あらすじ 房子(原田美枝子)がやんばるにやってきた目的は…

  2. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  5. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた