中日はコーチ配置転換も連敗止まらず 立浪監督「これは内輪の話」

サンスポ
6連敗を喫した立浪監督。配置転換について多くを語らなかった(撮影・薩摩嘉克)
6連敗を喫した立浪監督。配置転換について多くを語らなかった(撮影・薩摩嘉克)

(日本生命セ・パ交流戦、中日5-8西武、1回戦、西武1勝、24日、バンテリンD)5連敗中の負の連鎖を立ち切りたい中日だったが、交流戦初戦で黒星をまた一つ、積み重ねてしまった。23日に1軍の中村紀コーチと2軍の波留コーチを配置転換し、打撃面でのテコ入れを敢行したが、流れは変わらず。入れ替えの意図を問われた立浪監督は多くを語らなかった。

「これは内輪の話で、別に中村紀コーチに何か問題があったわけでは何でもないですけど、ここはコメントはあえて控えさせてもらいます」

午前から行われたナゴヤ球場での2軍練習に、中村紀コーチが合流。代わってバンテリンドームには波留コーチが姿を見せ、西武戦に臨む野手陣に声をかけた。

だが、白星には結びつかなかった。先発・小笠原が二回までに4失点。二回に木下が中越え二塁打、三回はD2位・鵜飼(駒大)がソロを放つなど反撃して1点差としたが、直後に左腕が2失点。終盤で2点ずつを取り合い、九回は一発同点の1死一、二塁を作ったものの、鵜飼と代打のA・マルティネスが連続三振に倒れ、屈した。

新型コロナウイルスの影響で離脱していた鵜飼、石川昂と、長打力のある若手が戦線復帰したのは好材料だが、再び山賊打線を上回ることができなければ3年ぶりとなる7連敗の沼にハマる。配置転換は打開策となるのか-。浮上のきっかけにしたい交流戦の命運を握る。(須藤佳裕)

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」賢秀(竜星涼)の失恋に安堵の声「だまされるよりいい」「少し疑う気持ちも持って」

  2. 通信障害で「KDDI」「au」のほか「docomo」もトレンド入り

  3. NHK朝ドラ「ちむどんどん」第13週、和彦(宮沢氷魚)を「諦める」暢子(黒島結菜)…歌子(上白石萌歌)の恋も動く?

  4. 「払った料金返せ」「経営陣が説明しろ」どんなときもWiFiに批判殺到 容量無制限プラン突如終了で

  5. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害