西武D2位・佐藤隼輔が3回3失点で降板 打線の援護フイに「終始テンポの悪い投球になってしまった」

サンスポ
先発の西武・佐藤隼輔=バンテリンドームナゴヤ(撮影・薩摩嘉克)
先発の西武・佐藤隼輔=バンテリンドームナゴヤ(撮影・薩摩嘉克)

(日本生命セ・パ交流戦、中日-西武、1回戦、24日、バンテリンD)西武のドラフト2位・佐藤隼輔投手(22)=筑波大=は3回3安打3失点で降板。3勝目はならなかった。

「今日は終始テンポの悪い投球になってしまいました。味方打線が初回からいい形で先制してくれたにもかかわらず、申し訳ないです」

味方打線から一回に3点の援護をもらうと、その裏は3者凡退の上々の立ち上がり。だが二、三回と制球が乱れ、中日打線に捕まり立て続けに失点した。

  1. 1年間に売れた韓国車は1台!?日本車シェアほぼ100% 知られざる親日国パキスタンの素顔

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 猛烈なかゆみ、網戸すり抜ける「スケベ虫」被害増加

  4. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  5. あすの「ちむどんどん」6月28日OA第57話あらすじ 暢子(黒島結菜)に智(前田公輝)がアプローチ、和彦(宮沢氷魚)は…