阪神・西勇は8安打されながらも七回途中無失点で降板

サンスポ
粘りの投球を見せた阪神・西勇=甲子園球場(撮影・甘利慈)
粘りの投球を見せた阪神・西勇=甲子園球場(撮影・甘利慈)

(日本生命セ・パ交流戦、阪神―楽天、1回戦、24日、甲子園)先発した阪神・西勇輝投手(31)は七回途中まで8安打されながらも無失点で降板した。一回2死一、三塁のピンチをしのぐと、三回、2死満塁でマルモレホスを左飛に。続く四回も連打で無死一、二塁とされるも炭谷を一ゴロ併殺で切り抜けると、六回は1死一塁から浅村を遊ゴロ併殺に打ち取った。1-0の七回、炭谷に左前打を許し、続く代打・山崎の投ゴロを西勇が二塁悪送球。無死一、二塁とされたところでマウンドを降りたが、2番手の左腕・渡辺、3番手のアルカンタラが無失点に切り抜けた。

  1. 薬物所持で逮捕…沢尻エリカの身を滅ぼした「ドラッグとセックス」 ささやかれ続けた疑惑、2009年の契約解除も…

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  5. 「たばこ吸わない、お酒飲まない…」元KAT―TUN・田中聖の〝奇行と予兆〟 覚醒剤所持の疑いで逮捕 インスタにはタトゥー写真投稿、本人はクリーンさ主張