名古屋銘菓イメージした「なごやんみたいなパン」が話題! 一部先行販売に食レポ「ほぼなごやん」「本当にそのまま」

イザ!
敷島製パンが6月1日から期間・地域限定で販売する「なごやん」をイメージした「なごやんみたいなパン」
敷島製パンが6月1日から期間・地域限定で販売する「なごやん」をイメージした「なごやんみたいなパン」

愛知県の敷島製パン(Pasco)は24日、名古屋銘菓「なごやん」をイメージした「なごやんみたいなパン」を期間・地区限定で販売開始すると発表した。ネットでは早速、なごやんを知るユーザーからの反響が寄せられている。

なごやんは、砂糖や卵をふんだんに使いカステラ風に焼き上げた1957年発売の「金鯱まんじゅう」を前身として、58年に発売された焼き菓子で、2018年に発売60周年を迎えたロングセラー商品だ。なごやんみたいなパンは、そのなごやんをイメージした菓子パンで、生地になごやんと同様に国産小麦の小麦粉を使用。また、なごやんに使用しているあんをベースにした黄味あんを包んで、ホイップクリームを注入し、見た目もなごやんに近づけるようこだわったという。6月1日から7月31日までの期間、関東、中部、関西、中国、四国地区のスーパー、ドラッグストアなどで販売する。

元になった名古屋銘菓の「なごやん」
元になった名古屋銘菓の「なごやん」

早速なごやんファンのユーザーが注目。SNSには「これは一度食べてみないと」「東京だと普通のなごやんも売ってるスーパーほとんどないから、ぜひ食べたい」「口の中パッサパサになるからお茶が必須なところまで果たして再現されているのだろうか」と、近所の店舗で手軽に買えることを歓迎する声や、再現度に興味を示したコメントが寄せられている。

中部地区の一部コンビニエンスストアでは24日から先行販売しており、「思わず買ってしまいました」「買ってしまったのだが」と、画像付きで購入報告するユーザーも。「中の餡は『なごやん』の味だった」「ほぼなごやんですね」「美味しかったですよ」「本当にそのままでした!」といった実食の感想も見受けられた。

  1. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  2. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. ロシア大敗、反攻猛進撃のワケ ウクライナが東部要衝奪還、東京なら1・4倍の広さ 「プーチン大統領は四面楚歌状態」渡部氏

  5. 「ロシア軍崩壊」英機密報告書が予測 エリツィンの義息離反、兵器も旧式を投入するほど枯渇か 「プーチン氏余命2、3年」重病説消えず