千葉の貯水槽遺体事件 元組員の被告、起訴事実認める

産経ニュース
千葉地裁
千葉地裁

男性を殺害して左足首を切断し、千葉県印西市の防火貯水槽に遺棄したとして、殺人、死体損壊、死体遺棄などの罪に問われている元暴力団組員の無職、中上忠寿被告(50)の裁判員裁判の初公判が24日、千葉地裁(友重雅裕裁判長)で開かれた。中上被告は、「間違いありません」と起訴内容を認めた。

冒頭陳述で検察側は、中上被告は被害者の運送業、宮内孝介さん=当時(46)=を殺害すれば、宮内さんの口を封じたいと考えている暴力団に貸しをつくることができると思って犯行に及んだと指摘。弁護側は、中上被告は家族の名前を出して脅されており、共犯者の指示で動いたと主張した。事件当日に使用していた覚醒剤の影響もあったと訴えた。

起訴状などによると、中上被告は令和2年10月18日、千葉市花見川区の京葉道路上りの幕張パーキングエリア内で指定暴力団住吉会系組幹部らと共謀して宮内さんを刃物で複数回刺すなどして殺害し、同月21日、遺体の左足首を電動工具で切断した後に防火貯水槽に遺棄したとしている。

  1. 1年間に売れた韓国車は1台!?日本車シェアほぼ100% 知られざる親日国パキスタンの素顔

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  4. 猛烈なかゆみ、網戸すり抜ける「スケベ虫」被害増加

  5. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終