「鎌倉殿の13人」義経の死、頼朝の慟哭に大河ファン涙…鎌倉攻め構想を語る場面に「アマデウス」連想した視聴者も

iza
平泉・衣川館にて。危機が迫るなかでも、なぜか楽しげな源義経(菅田将暉)と、敬服する北条義時(小栗旬)。(C)NHK
平泉・衣川館にて。危機が迫るなかでも、なぜか楽しげな源義経(菅田将暉)と、敬服する北条義時(小栗旬)。(C)NHK

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の第20話が22日、放送され、俳優の菅田将暉演じる源義経の壮絶な最期と、それを受け止める主要登場人物の悲哀を描いた展開が多くの大河ファンの心を鷲掴みにした。

平安末期から鎌倉前期の時代を舞台に、源平合戦から鎌倉幕府誕生までの舞台裏で繰り広げられる激しいサバイバルを描く「鎌倉殿の13人」。俳優の小栗旬が主人公の第2代執権、北条義時役を演じる。

京を離れ、奥州へ逃れた義経。かつて義経を庇護・養育してくれた奥州の覇者、藤原秀衡(田中泯)は彼を温かく迎え入れ「お前が日本一の英雄となった。これほどうれしいことなない。平家を倒したのはお前だ。ようやった、九郎」と惜しみない賛辞を送った。

その秀衡がほどなく死去。これを知った義時は、状況を探るため平泉行きを志願するが、義経の才を恐れる頼朝(大泉洋)は、藤原国衡(平山祐介)、泰衡(山本浩司)兄弟の仲の悪さにつけ込み義経を討つように冷たく命じた。義時の謀略にはまった泰衡によって、義経は討ち取られた。

義経を死に追いやったものの、鎌倉に届いた首桶を前に、最後は兄弟の情を見せた頼朝。平家を倒した弟をねぎらい、「さあ話してくれ。一ノ谷、屋島、壇ノ浦…。どのようにして平家を討ち果たしたのか。お前の口から聞きたいのだ。さあ…」と話しかけた。頼朝は涙を堪えることができず、「九郎…、話してくれ…。九郎!」と絶叫。そして首桶を抱きしめながら「すまぬ…。九郎…九郎!」と号泣した。

  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. 1年間に売れた韓国車は1台!?日本車シェアほぼ100% 知られざる親日国パキスタンの素顔

  3. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?