排便・排尿を自動検知し記録 NEC子会社が開発、介護の負担を軽減

産経ニュース
NECプラットフォームズ「サニタリー利用記録システム」の排せつ検知ユニット(同社提供)
NECプラットフォームズ「サニタリー利用記録システム」の排せつ検知ユニット(同社提供)

トイレに付けた装置で排便・排尿を自動検知し、スマホアプリに通知する「サニタリー利用記録システム」をNEC子会社のNECプラットフォームズ(東京都千代田区)が開発し、23日に受注を開始したと発表した。老人ホームなどの介護施設向けに販売していく。介護職員の作業負担軽減に役立ちそうだ。

洋式トイレの便座に排せつ検知ユニット、トイレの横に制御ボックスを外付けする。検知ユニットで収集した排せつデータをAIで分析し、便の量や状態、排尿の時間などを、介護職員のスマートフォンの専用アプリに知らせてくれる。

NECプラットフォームズ「サニタリー利用記録システム」の職員向け通知アプリ画面イメージ(同社提供)
NECプラットフォームズ「サニタリー利用記録システム」の職員向け通知アプリ画面イメージ(同社提供)

収集したデータはプライバシー保護のため、インターネット上のクラウド基盤を活用せず、排せつ検知ユニット内部でデータを処理する「エッジAI」とよばれる手法を採用した。スマホの専用アプリは、便の画像を記録するアプリを開発しているベンチャー企業、ウンログ(東京都渋谷区)と共同開発した。

このシステムの活用により、トイレで着座が長時間続いた場合に駆けつけて介助するなど、付き添いを必要最小限にする効果も期待される。受注に先立ち、仙台市内の特別養護老人ホームで検証したところ、職員1人あたり平均月22時間の作業時間が減ったといい、離職率が高い介護施設の働き方改革に貢献しそうだ。トイレを利用する施設入所者らのプライバシーの確保も図れる。同社は「排せつ物などのデータを集めることで、入居者の健康状態の把握などにも役立つようなものにしていきたい」としている。

NECプラットフォームズが開発した「サニタリー利用記録システム」の制御ボックス(同社提供)

排せつ検知ユニットと制御ボックスの本体はオープン価格だが、24万円前後の見通し。別途月1800円の利用料がかかる。7月22日に出荷を始め、3年間で2万台の販売を目指す。


  1. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  2. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  3. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  4. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  5. NHK鈴木奈穂子アナ「あさイチ」ドタバタハプニングを視聴者フォロー「これぞ神回」