「鎌倉殿の13人」5月22日OA第20話あらすじ 奥州へ逃れた義経を討つよう、頼朝から命じられた義時は…

イザ!

義経挙兵の知らせを受け、頼朝はいよいよ京へ攻め上ることを決意。一方、京都の義経のもとには思ったとおりに兵が集まらず、勝ち目がないと踏んだ義経は、九州へ逃れて再起を期すことに。静御前に、いつか必ず迎えに行くと別れを告げ、義経は、もし鎌倉方に捕まっても自分との関係については口外しないよう助言した。

義経が京から姿を消すと、法皇は前言を翻して義経追悼の宣旨を頼朝に与えた。頼朝は法皇の真意を探るため、義時とその父、時政(坂東彌十郎)を京へ派遣。義経、行家を捕らえるための兵と兵糧を徴収する目的で、諸国への守護・地頭の設置を法皇に要求してこれを認めさせた。

平泉・藤原館にて。庇護してくれた藤原秀衡(田中泯)の最期に立ち会う源義経(菅田将暉)。(C)NHK
平泉・藤原館にて。庇護してくれた藤原秀衡(田中泯)の最期に立ち会う源義経(菅田将暉)。(C)NHK

その夜、時政、義時親子のもとに、捕らえられるのを覚悟のうえで義経が現れた。頼朝との仲が修復不可能と知り、「戦のない世で、私のような者はどうやって生きていけばよいのだ」と問う義経。義時が、あれだけ平家を振り回したのだから、どこでも生きていけると答えると、義経は意を決して立ち上がり、政子(小池栄子)に向けた「九郎は御台所の膝の温かさを生涯忘れない」との伝言を託して立ち去った。

第20話のサブタイトルは「帰ってきた義経」だ。

京を離れ、奥州へ逃れた義経。しかし、温かく迎え入れてくれた奥州の覇者・藤原秀衡(田中泯)がほどなく死去。

鎌倉御所にて。正体を明かしてしまった静御前(石川静河)に憤る北条義時(小栗旬)と、助けてあげてほしいと頼む大姫(南沙良)。(C)NHK

これを知った義時は、状況を探るため平泉行きを志願するが、義経の才を恐れる頼朝は、藤原国衡(平山祐介)、泰衡(山本浩司)兄弟の仲の悪さにつけ込み義経を討つように冷たく命じる。八重(新垣結衣)に見送られ、平泉へと発つ義時。一方、捕らわれた静御前は鎌倉で…。

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」青柳家の女中、波子の「披露宴」発言にネット「言うねえ(笑)」「ナイスツッコミ」と大ウケ

  2. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月11日OA第89話あらすじ ついに暢子(黒島結菜)と和彦(宮沢氷魚)の披露宴開催!ゲストが一堂に会し…

  3. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月12日OA第90話あらすじ 暢子(黒島結菜)と和彦(宮沢氷魚)の披露宴、賢秀(竜星涼)の出席が危うくなり…

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. ダルビッシュ、大谷を絶賛「本当にすごいなとしか言いようがない」