5月病より深刻!? 休みボケ徹底解消術

寝酒はダメ!睡眠環境の整え方 夕食は寝る2~3時間前まで、入浴にアロマのラベンダーオイルもおすすめ

ZAKZAK

「休み明けに生活リズムを以前のように戻すと、しばらくすれば体内時計も元のようになります。ただし、夜眠れないからといって多量飲酒をすると、寝つきはよいのですが睡眠の質を悪くし、体内時計にも悪影響を及ぼす可能性があります」

夕食のときにビール1杯程度ならよいが、ウイスキーなどアルコール度数の高い酒を何杯も飲み、酔った眠気で布団に入る人もいるだろう。そのまま朝まで寝てスッキリした気分ならばよいが、アルコールには利尿作用があるためトイレが近くなり、夜中に目覚め、その後はウトウトしながら朝を迎えるといったことが、飲酒後の睡眠では起こりやすい。

「飲酒による中途覚醒・早朝覚醒を続けていると、体内時計をさらに乱すことになります。飲酒はほどほどにして、ぐっすり眠れる睡眠環境を整えることを考えましょう」

その具体的な方法を別項に掲げたので参考に。夕食は寝る2~3時間前までに済ませ、寝る前の入浴では、風呂の中に眠りを誘うアロマのラベンダーオイルを1滴垂らすのもお勧めだ。

「寝る前に、歯を磨き、パジャマに着替えて布団に入るといった『入眠儀式』を毎日繰り返すと、寝つきがよくなります。ご自身に合った睡眠方法を試してみてください」

それでもダメなときは専門医に相談を。病気が隠れている恐れがある。あす紹介する。 (取材・安達純子)

■古賀良彦(こが・よしひこ) 杏林大学名誉教授。1976年慶應義塾大学医学部卒。医学博士。99年、杏林大学医学部精神神経科学教室主任教授を経て、2016年より現職。うつ病や睡眠障害など精神科領域の診断・治療・研究を数多く手掛けている。

  1. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月6日OA第47話あらすじ 柏木(目黒蓮)は中間審査に無事合格、着陸にてこずった舞(福原遥)は…

  2. サッカー日本代表、試合前の勝負メシは「うなぎ」 専属シェフのツイッターが好評

  3. 野菜のプロ直伝「おでんの大根 一瞬で味を染み込ませる方法」に「いいね」続々「これ本当に一撃で味が染みる!」

  4. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  5. NHK「舞いあがれ!」サブタイ「別れ」は舞(福原遥)と柏木(目黒蓮)?朝ドラファン「水島学生?」「中澤学生かな?」