5月病より深刻!? 休みボケ徹底解消術

寝酒はダメ!睡眠環境の整え方 夕食は寝る2~3時間前まで、入浴にアロマのラベンダーオイルもおすすめ

ZAKZAK
ラベンダーオイルなどでリラックスし、入浴タイムを睡眠の儀式に
ラベンダーオイルなどでリラックスし、入浴タイムを睡眠の儀式に

休みボケが長引く場合は、体内時計が乱れて昼夜が逆転し、「夜眠れない、朝起きられない」といったことが考えられる。電車内で爆睡して職場でスッキリというツワモノもいるが、一般的には寝不足が原因で、仕事がはかどらないといった事態が起こりうる。

不思議なことに、午前中は睡魔に襲われていても、午後から夕方にかけて頭が回転し始め、深夜1時になっても眼は冴えたまま、といったことがある。体内時計が乱れ、アンバランスになった自律神経が関与しているのだ。

「体内時計は、起床後12~13時間程度が活動モードで、交感神経が優位な状態になっています。起床後14~16時間経つと副交感神経が優位になり、お休みモードに突入します。休みボケになると、このサイクルが乱れ、夜中に目が冴えるようなことが起こるのです」

こう説明するのは、杏林大学名誉教授の古賀良彦医師。精神科医として睡眠障害などの診療を行う一方、ストレスなどの研究を数多く手掛けてきた。

杏林大学名誉教授の古賀良彦医師(提供写真)
杏林大学名誉教授の古賀良彦医師(提供写真)

休みボケになる前は、朝7時に起床して午後3時頃まではバリバリ仕事をこなしていたとしよう。ブレイクタイムを経て午後6頃には仕事を終え、帰宅して夕食、入浴、休息をとっていると自然に眠くなるというのが通常のサイクル。それが休日中に正午まで寝ているなどして体内時計が乱れると、活動モードと休みモードが逆転するようなことにつながる。いわゆる海外旅行後の「時差ボケ」のような状態だ。

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」ハワイで成功、3児の母…金吾(渡辺大知)と早苗(高田夏帆)の近況に視聴者興味津々も「賢吉は?」

  2. 残り2話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月29日OA第124話あらすじ 歌子(上白石萌歌)の体調に異変が…

  3. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  4. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  5. 立民・辻元氏は「ブーメランのプロ」 旧統一教会関連団体の勉強会参加、維新・馬場氏が苦言 国葬当日、党の公表に「卑劣なやり方」政治学者