くまモン「ジュノン・ボーイ」1次審査突破!ネット大盛り上がり「熊本代表のよか男」「刺客にガチャピンを」

iza
くまモン
くまモン

熊本県のご当地キャラクターで、地方公務員のくまモンが「第35回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」の1次審査を通過したことが18日、発表された。ネットでは1次審査通過を喜ぶファンからのエールや、まさかの参戦に驚きの声が上がっている。

俳優の武田真治や小池徹平、三浦翔平、菅田将暉らを輩出してきた同コンテスト。現在は応募総数1万5447人のなかから編集部選考、SHOWROOM選考を通過したベスト1000が出揃ったところだ。2次審査ではベスト150まで絞られる。さらに、読者、ファンらによる3次審査でファイナリストが選出され、11月27日に行われる最終選考会でグランプリが決まる。

くまモンはツイッターで「な、なんと!『第35回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』にボクが挑戦しとるモン!」と明かし、「1次審査ばクリアしてベスト1000に選ばれたモン☆スタートはばっちりだモーン!」と報告。志は高く「このままグランプリ目指してがんばるモン!」と意気込み十分で、「みなさん応援よろしくま~」と呼びかけている。

くまモンの参戦と1次審査通過はネットでも注目を集め、SNSには「熊本代表のよか男 応援しとるばい」「くまモン目指せジュノンボーイ!!」「個人的には優勝」などのエールが殺到。同時に「どういうこと!?」「くまモンまさかのエントリーなの」「おい、ネタ枠だろww」など、驚きの声が相次いだ。「ジュノンスーパーボーイコンテストの基準が今やわからね~。異種格闘技的な」と捉え、面白がるユーザーや、「刺客にガチャピン送ろうぜ」とボケる書き込みもあった。

なお、同誌の公式ウェブメディア「JUNON TV」ではファン投票によるランキングを公開しており、19日付のデイリーランキングでくまモンは1位に。また、同コンテストでは、2019年の大会にサンリオの人気キャラクター、シナモロールが参加したことがあり、審査員特別賞を受賞している。

  1. 薬物所持で逮捕…沢尻エリカの身を滅ぼした「ドラッグとセックス」 ささやかれ続けた疑惑、2009年の契約解除も…

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  5. きっかけはウエディングドレス 入籍1カ月半の元教諭はなぜ新妻を殺害したのか