桂文珍、8月8日に40回目独演会「〝老いるショック〟乗り越える」

サンスポ
毎年恒例の独演会の開催を発表した桂文珍。40回目となる今回のポスター(中央)と過去のポスターを並べて笑顔でPRした=大阪・なんばグランド花月
毎年恒例の独演会の開催を発表した桂文珍。40回目となる今回のポスター(中央)と過去のポスターを並べて笑顔でPRした=大阪・なんばグランド花月

落語家、桂文珍(73)が19日、大阪・なんばグランド花月(NGK)で会見し、「吉例88 第40回桂文珍独演会」(8月8日、同所)の開催を発表。「コロナとウクライナでなんとなく鬱々とした日々が続いて、みなさん疲れ果ててるんじゃないかと。落語という手法を使って、生きている中で少しでも潤いを感じてもらえれば」と意気込みを語った。

独演会は毎年8月8日に行っており、今回が節目の40回目。「40年もようやってこられたなという思いと、あと何年できるやろうという思いが交錯している。あっという間の40年やった」と心境を告白。第10回と15回のポスターを披露し、「米朝師匠やいとし・こいし師匠、春団治師匠にも出ていただいた」と振り返った。

独演会では高齢化とデジタル化の落差を話題にした「デジナン(デジタル難民)」と、25年前にも披露した古典「らくだ」の2席を予定。「年齢とともに間がとれるなった。一説には息切れと言われますが。耳も遠くなって〝老いるショック〟を乗り越えて、楽しいネタがやれたら〝らくだ〟」とダジャレを交えながら、笑わせた。

日本テレビ系「笑点」の大喜利メンバーでもある桂宮治(45)が東京からゲスト出演する。


  1. 残り4話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月27日OA第122話あらすじ 房子(原田美枝子)がやんばるにやってきた目的は…

  2. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  3. NHK朝ドラ「ちむどんどん」比嘉家で食堂オープン!?暢子(黒島結菜)の夢に視聴者の声は?

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 【虎のソナタ】井端さん、鳥谷さんが絶賛する現役一塁手は?