歌舞伎座初主演の市川染五郎、祖父・白鸚からのサプライズに感激

サンスポ
「六月大歌舞伎」の第2部「信康」での歌舞伎座初主演に意気込む市川染五郎=東京・銀座
「六月大歌舞伎」の第2部「信康」での歌舞伎座初主演に意気込む市川染五郎=東京・銀座

歌舞伎俳優、市川染五郎(17)が19日、東京・銀座の歌舞伎座で6月2日に開幕する「六月大歌舞伎」(同27日まで)の取材会を、同所で行った。

第2部「信康」で徳川家康の長男で若くして自害を余儀なくされた悲劇の武将、信康を演じる。染五郎には歌舞伎座初主演となり、「重圧も大きいですが、主役でも脇役でも舞台に対する心持ちは変わらない。全力で勤めたい」。今回が26年ぶりの上演となる「信康」についても「新しい信康を作っていきたい」と意気込みをみせた。

放送中のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(日曜後8・0)では木曽義高役が話題を呼んだばかり。「放送されるごとに大きな反響をいただいてびっくりしていました」という染五郎は、「義高も信康も若くして命を散らした。これまでも演じてきた悲劇的な役を通して、自分自身に染みついているものを信康にも生かせたら」。今月は愛知県岡崎市など、信康ゆかりの地を巡って思いを新たにしたと言い、「自分とも年齢の近い人がこれだけの覚悟を持って生きた時代があった。是非、歌舞伎を見たことがない10代、20代の同世代の方にも見ていただきたい」と呼びかけた。

家康役で共演する祖父、松本白鸚(79)には「『自分のことで精いっぱいだからあまり頼らないでくれ』と言われた」と笑って明かしたが、取材会の最後には、サプライズで白鸚からのコメントが代読された。

「平成19年、初お目見得で手を引いて舞台に出てから15年 夢の様です。信康はむつかしい役で勉強になると思います。一日一日魂を込めて勤めてほしく思います」

染五郎は、祖父からの思いがけない言葉に感激を抑えながらも、「命を削るような表現をしている祖父を尊敬していますし、同じ舞台に立たせていただけるのはありがたい。自分も魂を削る表現ができるよう信康を作っていきたい」と熱く誓っていた。

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. ロシア大敗、反攻猛進撃のワケ ウクライナが東部要衝奪還、東京なら1・4倍の広さ 「プーチン大統領は四面楚歌状態」渡部氏

  4. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳

  5. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害