がん闘病中の葛城ユキが1年1カ月ぶりステージ復帰 脳梗塞から復帰のあべ静江と「歌うことが幸せ」

サンスポ
約1年1カ月ぶりのステージで名曲「ローズ」を見事に熱唱する葛城ユキ=17日、千葉・成田市
約1年1カ月ぶりのステージで名曲「ローズ」を見事に熱唱する葛城ユキ=17日、千葉・成田市

がんで闘病中の歌手、葛城ユキ(72)が17日、千葉・成田市で行われたコンサート「夢スター 春・秋」で昨年4月以来、約1年1カ月ぶりのステージに復帰した。

昼・夜2回のステージに車いす姿で上がった葛城は、米女優、ベット・ミドラーの名曲「ローズ」を力強い声で歌い上げた。「この歌を日本語で歌いたかった。どんなことがあっても春はやってくると。やっぱりステージはいいね。歌うために生まれてきたという志を持っているもんですから」とほほ笑んだ。

念願のステージで歌唱した葛城ユキ(右)とあべ静江=17日、千葉・成田市
念願のステージで歌唱した葛城ユキ(右)とあべ静江=17日、千葉・成田市

昨年4月にステージ4の原発性腹膜がんが判明。翌月に入院後、2度の手術を受け、今年4月末に退院したばかり。「コロナの時期で面会者もいませんし、精神的な苦しみと体の痛みと戦うことで逃げ出したかった。皆さんの『待っている』という声が頭から離れず頑張れた」。現在はまだ1曲が精いっぱいで「しんどいですね」と体調を明かしたが、「元の葛城ユキに戻れるように一歩ずつ歩み寄っていきたい。皆様に元気になっていただける歌を歌い続けたい」と今後も同コンサートに出演する。

この日は、3月に脳梗塞で緊急入院した歌手、あべ静江(70)も両公演に出演し、ヒット曲「みずいろの手紙」など2曲を歌った。前日16日にも東京都内で復帰後初ステージに立ったあべは、「歌うことがこんなに幸せなことだとは」と口に。「そうですね」と同意した葛城と、しみじみとうなずきあった。


  1. 飾磨工高柔道部で体罰、「ヤンキー先生」三輪教諭ら自宅待機

  2. 石川佳純、モデルのような写真に「美しすぎる」と海外からも反応

  3. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月8日OA第89話あらすじ カレーを食べて浩太(高橋克典)との思い出を振り返る悠人(横山裕)

  4. 【列島エイリアンズ】中国系裏風俗編(2) 福建省出身、人気女優似の美女が出てきた ベニヤ板越しに聞こえる男女の息遣い

  5. 清瀬汐希が初主演映画で体当たりヌード ベッドシーン撮影になんと4時間