18日OA間宮祥太朗主演「ナンバMG5」第5話あらすじ 少年忍者・小田将聖登場!吟子に勉強を教えるが…

iza
(左から)難破猛(満島真之介)、難破剛(間宮祥太朗)、難破吟子(原菜乃華)(C)フジテレビ
(左から)難破猛(満島真之介)、難破剛(間宮祥太朗)、難破吟子(原菜乃華)(C)フジテレビ

俳優の間宮祥太朗が主演を務めるフジテレビ系連続ドラマ「ナンバMG5」(毎週水曜後10・0)。これまでの流れを振り返りながら、18日に放送される第5話のあらすじを紹介する。

新しく誕生した「水10ドラマ」枠の第1弾。間宮と、「踊る大捜査線」シリーズなどで知られる本広克行監督がタッグを組み、漫画家、小沢としおさんの「ナンバMG5」(秋田書店)と「ナンバデッドエンド」(同)を実写ドラマ化する。

難破剛(間宮祥太朗)(C)フジテレビ
難破剛(間宮祥太朗)(C)フジテレビ

ヤンキー一家として有名な難破家の次男として生まれた剛(間宮)は、ケンカ生活に疑問を持ち、家族に内緒で白百合高校というごく普通の学校に入学。家族の前では特攻服姿で県内屈指のヤンキー校、市松高校に通うふりをしていたが、通学途中で着替え、真面目な高校生として過ごす二重生活をスタートさせた。そんな剛の秘密を知るのは、市松に通う一匹狼のヤンキー、伍代直樹(神尾楓珠)、千鳥商業の大丸大助(森本慎太郎)、愛犬の松(豆三郎)だけだ。

第4話(11日放送)では、大丸の誤解から伍代とケンカが勃発。しかし、これは伍代と大丸、それぞれの上級生が仕組んだ罠で、2人に潰し合いをさせることが狙いだった。

剛が助けに来たことでピンチを切り抜けた伍代と大丸。大丸は誤解していたことを謝り、伍代を食事に誘い、そこで剛がヤンキー一家として知られる難破家の次男で、家族には内緒で白百合に通っていることを聞かされる。

(左から)伍代直樹(神尾楓珠)、島崎登(春本ヒロ)(C)フジテレビ

一方、剛は所属する美術部の部員の前で、なにかと噂になっている“特服”が自分であることを告白。しかし、美術室に大丸が「ドッキリ大成功!」と書かれた看板を持って現れ、場をなだめたことで剛の告白はうやむやになってしまった。

剛を連れ出した大丸は「俺、何も知らねえくせに勝手なことばっか言っちまって、オメエを追い込んじまった」と謝罪。剛が惹かれる藤田深雪(森川葵)に思いを寄せる大丸は、特服の正体が剛であることを知り「シャバいふりしてんじゃねぇ!」「何が美術部だよ!?お絵描き好きのヤンキーなんているか!?どうせ藤田さんに近づくためのくそみたいな魂胆だろ!?」などと怒りをぶつけていた。

こうして顔を合わせるようになった剛、伍代、大丸の3人。そんななか、剛は書店で中学時代の同級生で、進学校に通う関口正宏(岩男海史)が万引きに手を染めようとしているところを目撃し、関口がいじめられていることを知った。

  1. 薬物所持で逮捕…沢尻エリカの身を滅ぼした「ドラッグとセックス」 ささやかれ続けた疑惑、2009年の契約解除も…

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  5. きっかけはウエディングドレス 入籍1カ月半の元教諭はなぜ新妻を殺害したのか