阪神・佐藤輝、神宮でも輝く! ハマスタに続き爆発へ「しっかりいい準備をしたい」

サンスポ
横浜で活躍して弾みをつけた佐藤輝。神宮でも輝く
横浜で活躍して弾みをつけた佐藤輝。神宮でも輝く

15日のDeNA戦(横浜)で2本塁打を放った阪神・佐藤輝明内野手(23)は16日、17日からのヤクルト3連戦(神宮)へ向け気持ちを高めた。今季5試合で打率・500、3本塁打だった横浜に続いて、神宮も3試合で打率・385(13打数5安打)、3打点、1本塁打と好相性だ。希望のアーチを架け続ける。

神宮球場
神宮球場

バットで勝利をもたらせる試合を、ここから一気に増やす。佐藤輝の口から飛び出したのは、神宮でも打って打って試合をモノにするという、強い自覚に満ちた言葉だった。

「チームで、打線でしっかりと点を取って、勝ちたいです」

15日のDeNA戦(横浜)で8、9号と2本のソロアーチを架け、チームを大勝に導いた。打線の中でそれぞれが役割を果たせば、特にその中心に座る自身が打てば、こんな形で勝てるということを強烈な形で示した。クルクル回る〝シン・虎メダル〟が佐藤輝の首にかかった瞬間から、ムードは一気に変わった。試合後、横浜から東京へと向かうバスへと乗り込む瞬間にも「勝ちたいんや!」と叫んだように、佐藤輝はまだまだ勝利を欲している。次なる舞台は神宮だ。この勢いで、10号も一気に打つ。

昨年、神宮では打率だけを見れば「・212」と苦しんだ。だが、プロ初出場となった開幕カードの舞台で、3月27日に記念すべきプロ初アーチを架けた地でもある。甲子園以外の球場別では、東京ドームに並んで多い3本塁打も放った。そして、今季は3試合すべてで安打を放ち打率・385、1本塁打、3打点。横浜での勢いを維持したまま、所狭しと暴れ回るつもりだ。

「しっかりいい準備をしたい」

16日は静養などに努めたもようで、交流戦前ラスト6戦に心して臨む。もう二度と打線をくすぶらせないためにも、佐藤輝はバットを燃やし続ける。

  1. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月16日OA第92話あらすじ 独立に向けて課題が山積みの暢子(黒島結菜)、賢秀(竜星涼)は我那覇と再会し…

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 「やばい、やばい!」響く悲鳴で朝のホーム騒然 神戸の飛び込み事故