歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡

古舘伊知郎が見た〝伝説の一夜〟 井上陽水と玉置浩二、大御所2人を「黒子」にさせた中森明菜のすごみ

ZAKZAK

その時の状況を言葉巧みに説明すると、続けて「陽水さんも玉置さんもあまり語らない。3人を送り出して歌が始まった。サスガだね。あの人は。あの大御所2人で緊張というのは噓ばっかし。歌い始めた瞬間にもう別人ですよ。いつもより『飾りじゃないのよ涙は』の歌の盛り上がりのところで、ウワーッと声が出る。ものすごい大きなボリューム。これは音声さんがイジっている以前の問題で、ウワーッとビブラートをきかせて、振りもキレキレで素晴らしい腰つきと足のサイドへの運びで…。黒い、87年のバブル真っ盛りの肩幅を強調させるパットが入っている黒い上下のスーツを着ているわけですよ。だから、もうかわいいアイドルでもない、かといって、ある年齢を超えた妖艶な色気を出す人でもない。あの中森明菜を何風だとカテゴライズはできなかった。ただ中森明菜の魅力だとしかいえない。あまり衣装がゴージャスでカラフルな色だと振りに目がいかない。ものすごいミニマムな衣装を着て、振りに集中して歌い上げた。もう、2人が黒子でしたからね。2人を黒子にしてまでしてやったという中森明菜のすごみ…」と興奮しながら語ったのだった。 =敬称略 (芸能ジャーナリスト・渡邉裕二)

■中森明菜(なかもり・あきな) 1965年7月13日生まれ、東京都出身。81年、日本テレビ系のオーディション番組「スター誕生!」で合格し、82年5月1日、シングル「スローモーション」でデビュー。「少女A」「禁区」「北ウイング」「飾りじゃないのよ涙は」「DESIRE―情熱―」などヒット曲多数。NHK紅白歌合戦には8回出場。85、86年には2年連続で日本レコード大賞を受賞している。

  1. 安倍元首相に18万人超が「デジタル献花」

  2. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  3. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  4. 残り3話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月28日OA第123話あらすじ 暢子(黒島結菜)の新店「やんばるちむどんどん」開店前日に思わぬ事件が…

  5. 台湾に安倍元首相の等身大銅像 24日に除幕式