NY株小幅続伸、26ドル高 インフラ銘柄などに買い

産経ニュース
ニューヨーク証券取引所のあるウォール街を示すサイン(ロイター)
ニューヨーク証券取引所のあるウォール街を示すサイン(ロイター)

週明け16日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は小幅続伸し、前週末比26・76ドル高の3万2223・42ドルで取引を終えた。社会インフラや生活必需品といった景気動向に左右されにくい銘柄が上昇し、相場を押し上げた。

朝方に発表された5月のニューヨーク州の製造業景況指数は大幅に低下。中国の景気減速への懸念も根強いことから、下げ幅が260ドルを超える場面もあった。

ハイテク株主体のナスダック総合指数は反落し、142・21ポイント安の1万1662・79。

個別銘柄では、石油のシェブロンや医薬品のメルクの上昇が目立った。航空機のボーイングは売られた。(共同)

  1. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月17日OA第93話あらすじ ビタミン剤を売るビジネスに賢秀(竜星涼)は疑問を抱き…

  2. NHK朝ドラ「ちむどんどん」賢秀(竜星涼)がねずみ講に…優子(仲間由紀恵)巻き込む展開に視聴者悲鳴、和彦(宮沢氷魚)には「教えてあげないと!」の声

  3. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月16日OA第92話あらすじ 独立に向けて課題が山積みの暢子(黒島結菜)、賢秀(竜星涼)は我那覇と再会し…

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐