「佐々木朗希は強豪校に進まなくて正解だった」 松坂大輔育てた横浜高校元部長が分析

ポストセブン
ハタチの剛腕、佐々木朗希投手の5つの素顔(時事通信フォト)
ハタチの剛腕、佐々木朗希投手の5つの素顔(時事通信フォト)

異次元の球を投げ込み、先発登板する試合が社会的注目を集めている。こんな現象はなかなか見られない。ロッテ・佐々木朗希(20)だ。その佐々木について、名門・横浜高校の部長、コーチを歴任し、松坂大輔(元西武)をはじめ、涌井秀章(楽天)、柳裕也(中日)ら球界を代表する投手たちの「育ての親」として知られる小倉清一郎氏が語った。

佐々木は4月10日のオリックス戦で28年ぶり史上16人目の完全試合を記録。20歳5カ月での達成は史上最年少記録だった。4月17日の日本ハム戦も8回まで走者を1人も出さない完全投球で大きな反響を呼んだ。

小倉氏も、佐々木の活躍に衝撃を受けたという。

「とんでもない投手が現われたね。あれだけ左足を高く上げられるのは股関節が柔らかいから。努力の賜物だと思う。身長(190センチ)が高い上に股関節が強くて柔らかいから、球の出所が普通の投手より30センチ高い位置から制球良く投げ込める。あの角度から160キロを超える直球、150キロ近いフォークを投げ込まれたらプロの打者でもなかなか打てないよ。思いっきり腕を振れば170キロは出るでしょう。でも肩を故障する可能性があるからブレーキをかけているんだと思う。いま佐々木は20歳だっけ? 22~23歳で本当のピークを迎えると思う。その時にはさらに凄いピッチャーになっているよ」(以下、カギカッコ内は小倉氏)

小倉氏から見れば、佐々木にはまだまだ多くの改善点があるという。

「投げ方を見ると、大谷翔平(エンゼルス)のほうがもうちょっと前でリリースしている。大谷は投げ終わった後に左足より右足が前にくるでしょう? 佐々木はあと10センチ打者寄りでリリースできるようになったら、打者はさらに球速表示以上の速さを感じる。あと球種を読まれやすくなるから、テイクバックの時に右腕を体の中に入れたほうがいい。

球種も直球、フォークが大部分だけど、あと1つは増やしたいね。カーブとか緩い球を覚えれば投球の幅が広がってくる。松坂、ダルビッシュ(有)、大谷はウイニングショットになる良い変化球が複数あったけど、佐々木はまだスライダー、カーブを磨いている段階。裏を返せば伸びしろだらけだ。高卒2~3年目の松坂と比較すると、投げるスタミナ、フィールディング能力、変化球の精度は松坂の方が上。でも投げている球の凄み、エンジンは佐々木が1枚も2枚も上だよ」

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. あすの「ちむどんどん」5月17日OA第27話あらすじ 賢秀が多額の借金を残し失踪 困った暢子を救ったのは…

  3. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  4. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  5. 「おかえりモネ1周年」のハッシュタグで盛り上がる りょーちん、俺たちの菅波など振り返り胸熱に