気になる!

文庫『わたぶんぶん わたしの「料理沖縄物語」』

産経ニュース
『わたぶんぶん わたしの「料理沖縄物語」』
『わたぶんぶん わたしの「料理沖縄物語」』

「わたぶんぶん」は、沖縄の言葉で「おなかいっぱい」。本書は、沖縄にルーツを持つノンフィクション作家が、食にまつわる思い出をつづったエッセー集だ。沖縄本土復帰50周年に合わせて文庫化された。

長い時間をかけて落花生をすりつぶして作る「じーまみ豆腐」。豚の三枚肉をコトコトと炭火で煮込んだ「らふてぇ」。炒め物の味を決めるのは、豚の脂身を大量に鉄鍋でとろとろ煮詰めた「あんだぁ」。

手間のかかった料理は、どれも作り手との思い出につながっている。穏やかな時間の流れを感じる。(与那原恵著、講談社文庫・682円)

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  3. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  4. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  5. 上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛