阪神・近本 大活躍の中野に負けじ3安打

サンスポ
三回、二塁打を放つ阪神・近本(撮影・宮沢宗士郎)
三回、二塁打を放つ阪神・近本(撮影・宮沢宗士郎)

(セ・リーグ、DeNA2―9阪神、6回戦、DeNA4勝2敗、14日、横浜)大活躍の2番に負けじと、虎のリードオフマンも快音連発だ。阪神・近本が今季3度目の猛打賞で打線を引っ張った。

「名古屋のときは(中日の)大野さんに崩されて、『やべえな』と思いましたけど、しっかり修正したのがよかった」

一回先頭の第1打席で上茶谷の初球を中前に運んだ。三回は左越えの二塁打、六回は中前打と今季6盗塁目でチャンスメークし、いずれも中野の一発でホームを踏んだ。

6日の中日戦(バンテリンドーム)で援護できなかった青柳に野手全体で借りを返せた結果に。選手会長は「とにかく先制して、とにかく点を取ろうと。(試合前の)声出しでも『出塁してつないでかえすというのをテーマに』といっていたので、続けていけるように頑張っていきたい」と力を込めた。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. いい人?高嶋政伸演じる料理長に「ちむどんどん」「裏があるはず」の声…「HOTEL」思い出す視聴者も