俳優・玉木宏がランボルギーニで登場 新庄ビッグボスも顔負け⁉ 始球式ではノーバウンド投球

サンスポ
セレモニアルピッチで投球する玉木宏=ベルーナドーム(撮影・加藤圭祐)
セレモニアルピッチで投球する玉木宏=ベルーナドーム(撮影・加藤圭祐)

女性ファンの取り込みを図る西武は14日、楽天戦(ベルーナドーム)を「ライオンズ獅子女(ししじょ)デー」と銘打ち開催(15日と2日間)した。人気俳優の玉木宏(42)がセレモニアルピッチを務めた。

バックスクリーンから紫と橙色のツートンカラーのランボルギーニに乗って登場。降車した玉はマウンド上に向かい、ノーバウンド投球を披露した。

人生で初めて有名人のサインをもらったのが同じ愛知県出身で西武時代の工藤公康氏だったという玉木。初見参のベルーナドームでのセレモニアルピッチに、「本当に初めてのことだったので、すごく新鮮な場所に立たせていただいてうれしかった。コロナ禍の中でお客さんを入れての場所に立つのも久しぶりだったので、光栄に思いました。あっという間に終わってしまったので、また楽しめるように機会をいただけたらうれしいなと思います」と笑顔で振り返っていた。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. いい人?高嶋政伸演じる料理長に「ちむどんどん」「裏があるはず」の声…「HOTEL」思い出す視聴者も