上島竜兵さん逝去 ダチョウ初代リーダー・南部虎弾が語る「改名時の『シーッ!』の逸話」

ポストセブン
上島さんへの思いを口にした南部虎弾
上島さんへの思いを口にした南部虎弾

お笑いトリオ『ダチョウ倶楽部』の上島竜兵さんの逝去に、悲しみが広がっている。中でも突然の訃報にショックを隠しきれないのが、親交の厚かった『電撃ネットワーク』の南部虎弾だ(70)。

「信じられなくて呆然としています。上島はまだ61歳。お笑いだけでなく、俳優としても幅が広がっていたのに……あまりにも残念です」(以下、カギカッコ内は南部)

ダチョウ倶楽部は1985年、上島さん、南部、肥後克広(59)、寺門ジモン(59)で結成され、南部が初代リーダーを務めていた。

「『コント赤信号』の渡辺正行さんが若手の登竜門のコント大会を主催していて、出場するために4人でグループを組んだのが始まりです。上島は結成当時から一番の気遣い屋で、とにかく優しい奴でした。それでいてすぐ泣く“泣きの芸人”でもあった」

南部は当時の上島さんについて忘れられないエピソードがあるという。結成直後、『キムチ倶楽部』という芸名で活動していた4人だが、改名しようという話になり、喫茶店で話し合っていた。

「僕が、先輩の『コント21世紀』(現・ホームラン)みたいな名前をつけたら、21世紀になったら何も出来なくなるし、絶対売れないからなと言ったんです。すると、上島が僕の顔を見ながら『シーッ、シーッ』とリアクションするんですよ。何してんだろうと思ったら、後ろの席にコント21世紀の人たちがいてね(笑)。コントみたいなやりとりだったなぁ」

結成から2年後に南部が脱退し、肥後がリーダーになったダチョウ倶楽部は『お笑いウルトラクイズ』(日本テレビ系)でブレイク。お茶の間で見ない日はなくなったが、上島さんは南部への恩義を忘れていなかった。

「僕はダチョウ倶楽部をクビになったんですが、そのことを気にしてか、その後も会うたびに『申し訳ない』と謝って、いつも心配してくれていました。上島が志村(けん)さんと仕事をするようになってから、『この人が自分をここまで引き上げてくれたんです』と、志村さんに自分を紹介してくれたこともありました」

最後に南部は、ぽつりとつぶやいた。

「今にしても思うと正義感が強くて、納得できないことを自分のなかに溜め込むタイプだったのかなぁ……だからこそ、テレビでは笑顔で弾けることができたのかもしれない。一緒に仕事したことや、笑った顔は忘れません」

早すぎる死を惜しむばかりだ。

【相談窓口】

「日本いのちの電話」

ナビダイヤル 0570-783-556(午前10時~午後10時)

フリーダイヤル 0120(783)556(毎日:午後4時~同9時、毎月10日:午前8時~翌日午前8時)

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. いい人?高嶋政伸演じる料理長に「ちむどんどん」「裏があるはず」の声…「HOTEL」思い出す視聴者も