新星17歳の宮田笙子「緊張を乗り越えられた」 逆転Vで世界選手権切符/体操

サンスポ
優勝した宮田笙子=14日、東京体育館(鴨川一也撮影)
優勝した宮田笙子=14日、東京体育館(鴨川一也撮影)

体操・NHK杯第1日(14日、東京体育館)個人総合で争う大会。女子が行われ、4月の全日本選手権2位で17歳の宮田笙子(しょうこ)=鯖江スクール=が初優勝し、世界選手権(10~11月、英リバプール)代表に決まった。2位に入った全日本女王の笠原有彩(ありさ、17)=レジックスポーツ、3位の山田千遥(ちはる、19)=朝日生命ク=を含む3人が2024年パリ五輪予選を兼ねる世界選手権の切符を得た。

張り詰めた緊張感の中、力を出し切った。新女王に輝いた17歳、宮田の目から、安堵(あんど)の涙がこぼれ落ちた。

「優勝したことよりも思っている演技ができ、最後決められたことが大きい。緊張を乗り越えられた」

4月の全日本選手権を終えて、首位の笠原とは0・733点差。1種目目、得意の跳馬で14・266点を出し0・3点差に迫ると、3種目目の平均台で逆転。床運動ではパワフルな演技で映画「マトリックス」の世界を表現して逃げ切った。

今年3月に右肘を痛めた。練習を積めず、全日本では段違い平行棒と平均台で落下するなど精彩を欠いて2位。「情けなかった」。それでも「ここで決めないといけない」と切り替え、この3週間は練習で段違い平行棒と平均台を通した練習を毎日5~10本するようにし、自信を深めた。

今秋の世界選手権代表にも初めて選ばれた。昨夏の東京五輪を終え、世代交代の波が訪れる日本女子。「私と笠原選手、山田選手たちで下の子たちを引っ張っていきたい」と宮田。新たなヒロインが世界に挑む。(川並温美)

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. いい人?高嶋政伸演じる料理長に「ちむどんどん」「裏があるはず」の声…「HOTEL」思い出す視聴者も