太平洋側で大雨恐れ 気象庁が警戒呼びかけ

産経ニュース
13日午後11時現在のひまわり雲画像
13日午後11時現在のひまわり雲画像

気象庁は14日、東日本の太平洋側と南西諸島で雷を伴った激しい雨が降る恐れがあるとして、大雨による土砂災害や河川の増水、突風などに警戒するよう呼びかけた。東日本の太平洋側は14日昼前にかけて、南西諸島は15日にかけて荒れた天気になるとしている。

気象庁によると、前線が東日本の太平洋側から南西諸島に延び、前線上の低気圧が東北東に進む。前線や低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定となる見込み。

15日午前6時までの24時間予想雨量はいずれも多い所で沖縄100ミリ、伊豆諸島80ミリ、関東甲信、東海60ミリ。その後の24時間では沖縄50~100ミリを見込む。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  3. さんま、上島竜兵さんに「本当に好きな芸人が一番嫌いな死に方をしたから、ちょっと腹が立ってる」

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」