躍動の舞い「すずめ踊り」披露 仙台・青葉まつり3年ぶり開幕

産経ニュース
3年ぶりの「仙台・青葉まつり」で披露された「すずめ踊り」=14日午後、仙台市
3年ぶりの「仙台・青葉まつり」で披露された「すずめ踊り」=14日午後、仙台市

跳ねるような躍動感が特徴の「すずめ踊り」で知られる仙台市の初夏の風物詩「仙台・青葉まつり」が14日、規模を縮小して2日間の日程で開幕し、色とりどりの法被に身を包んだ踊り手が「ソレ、ソレ」のかけ声とともに舞いを披露した。新型コロナウイルスの感染拡大で一昨年と昨年は中止され、開催は3年ぶり。

例年は約4500人の踊り手らが集まるが、感染対策として人数を制限。笛や太鼓の音が鳴り響く中、ケヤキ並木が美しい仙台市中心部の定禅寺通で約1400人が乱舞し、沿道から盛んに拍手を浴びていた。

同市の主婦、吉田香織さん(45)は「新緑に踊り手の姿が映える。久しぶりなのでおはやしも心に染みます」と目を細めていた。

令和元年は2日間で約97万人が訪れたが、祭りの事務局によると、会場数を縮小した今年は約14万人を見込んでいる。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. いい人?高嶋政伸演じる料理長に「ちむどんどん」「裏があるはず」の声…「HOTEL」思い出す視聴者も