華原朋美、突然のファンミ中止 会場オーナーが悲鳴「100名様分の食材が残ったまま」

ポストセブン
今回のファンミーティングを知らせるチラシ(ステーキハウスの公式Facebookページより)
今回のファンミーティングを知らせるチラシ(ステーキハウスの公式Facebookページより)

急きょ延期となった歌手・華原朋美(47)のファンミーティングは、5月8日に東京・銀座にあるステーキハウス「GINZA3POUND STEAK(ギンザスリーポンドステーキ)」にて12時~、14時~の2部制で開催される予定だった。各部の参加者は50名で、100人規模のイベントになるはずだった。

しかし、当日になって延期が突然発表された。華原は「ファン同士仲良くしてください! ファン同士で揉めてる時にファンミーティングはできないです!」とツイートしており、どうやら一部のファン同士によるトラブルが延期の原因であるようだ。なお、今回のイベントのために地方から前乗りしてきた参加者などに対しては、かかった費用を所属事務所・伝元が支払うとともに、華原からのメッセージ付きプレゼントが送られることがアナウンスされている。

急な発表の裏で、一体何が起きていたのか? ファンミーティングの会場とされていた「GINZA3POUND STEAK」のオーナーに取材した。

「もともとファンミーティングの予約を受けたのは4月28日のことです。社員さんがお店にいらっしゃったこともあり、華原さんの事務所には馴染みのある方もいました」(「GINZA3POUND STEAK」オーナー)

オーナーによると、「2部制で100人規模のファンミーティング」というのは、あくまで“当初の予定“だったらしい。5月2日にイベントについて確認の電話を入れたところ、想定よりも集客が厳しいことが判明した。その時点で100名分の食材はすでに手配済みだったが、ひとまず2部制は取りやめて、1部だけの50名規模に変更となった。店側でもお客さんに声をかけて、集客を手伝うことにしたという。

ファンミーティングの準備のため休日出勤するスタッフもいたが、結局は延期が決定する。店側がマネージャーからキャンセルの連絡を受けたのは、ファンミーティングの約12時間前にあたる5月8日午前1時頃だった。朝になって、「ファン同士のトラブルがあったため、華原が『これでは開催できない』となった」と改めて説明があった。オーナーは語る。

「なにぶん急な決定ですし、延期の発表を見逃してお店に来るファンの方もいらっしゃるだろうと考えて、通常営業を行うことにしました。いらっしゃったファンの方には無償で料理を提供しました。イベントは延期になりましたが、少しでも楽しい気持ちになっていただけたなら幸いです」(前出・オーナー)

50名規模のイベントが延期になり、キャンセル料は約25万円に及ぶという。所属事務所は全額支払うことを申し出たが、5月10日昼時点で入金はまだない状態だという。

「ファンの方々への対応で忙しいのか、まだ入金がなく、少々ドキドキしています。それと100名様分の食材は残ったままなので、こちらを1~2週間の間に捌かないといけません。ご来店いただいた方には大幅に値下げして提供するつもりなので、ぜひお店に足を運んでみてください」(前出・オーナー)

キャンセル料について所属事務所に問い合わせたところ、「もちろん入金はします」と回答があった。また、イベント延期の理由については、「華原の説明が全てです」とのことだった。

突然の延期に困惑したのは、トラブルとは無関係なファンだけではなく、会場のレストランも同じ。ファンミーティングの準備を重ねてきた店側も報われる結果となってほしい。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」