矢吹正道の弟・力石政法が『あしたのジョー』ゆかりの地で初タイトル獲得を誓う/ボクシング

サンスポ
前日計量をクリアした力石政法(左)と渡辺卓也
前日計量をクリアした力石政法(左)と渡辺卓也

プロボクシング東洋太平洋スーパーフェザー級王座決定戦(東京・墨田区総合体育館)の前日計量が14日、東京・墨田区のモクシー東京錦糸町で行われた。同級6位の力石政法(27)=緑=はリミットより100グラム軽い58・8キロ、同級3位で、元WBOアジア・パシフィック同級王者の渡辺卓也(33)=DANGAN AOKI=はリミットの58・9キロでともに1回でクリアした。

前WBC世界ライトフライ級王者の矢吹正道(29)=緑=の弟、力石は初のタイトル戦。「タイトルマッチにそこまで強いこだわりはない。渡辺選手を圧倒して勝つことに価値がある」と力を込めた。計量に同行した矢吹はこれまで同様にセコンドにつく。

墨田区は、兄弟のリングネームの由来になったボクシング漫画『あしたのジョー』の作者、ちばてつや氏(83)の出身地で漫画のモデルとなった地の一つ。力石は「運命かもしれない」と初タイトル獲得を誓った。

対する渡辺は節目のプロ50戦目。「調整は完璧。キャリアは自然と生きてくる。勝って締めたい」と自信を示した。

プロ戦績は力石が11戦10勝(6KO)1敗、渡辺が49戦38勝(22KO)10敗1分け。

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. あすの「ちむどんどん」5月17日OA第27話あらすじ 賢秀が多額の借金を残し失踪 困った暢子を救ったのは…

  3. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  4. 「おかえりモネ1周年」のハッシュタグで盛り上がる りょーちん、俺たちの菅波など振り返り胸熱に

  5. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声