慶大が明大に先勝 父が明大前監督の善波力が2安打3打点/東京六大学

サンスポ
3安打1打点の慶大・朝日晴人内野手(左)と、2安打3打点の善波力捕手
3安打1打点の慶大・朝日晴人内野手(左)と、2安打3打点の善波力捕手

東京六大学野球春季リーグ第6週第1日(慶大7-4明大、14日、神宮)3季連続優勝がかかる慶大は、12安打7得点と打線がつながり、首位の明大に先勝した。一回に4番・萩尾匡也外野手(4年、熊本・文徳高)の2点適時三塁打などで3点を先取。三、五、七回に追加点を挙げ、試合を優位に進めた。

今春から正捕手としてマスクを被る善波力(つとむ)捕手(3年、慶応高)が2安打3打点とけん引。「打席に入る前に頭の中を整理して、シンプルにピッチャーのボールに集中することだけを考えた。それがうまくいったのかなと思います」と頬を緩めた。

父は明大前監督の達也氏。父親が長年指揮を執った明大との対戦だったが、「そこに関しては意識してもいいことがないと思うので、特別な感情は入れずにやりました」と話した。

一回に左前へ適時打を放つなど、3安打1打点の朝日晴人内野手(4年、彦根東高)は「1打席目に監督から『打ちにいけ。向かっていけ』と声をかけてもらったので、それだけ意識していたら、いいところに打球がいったのでよかったです」と笑った。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. いい人?高嶋政伸演じる料理長に「ちむどんどん」「裏があるはず」の声…「HOTEL」思い出す視聴者も