日体大の〝二刀流〟矢沢6回4失点も150キロ快速球‼侍ジャパン・栗山監督が視察/首都

サンスポ
日体大・矢沢宏太は6回4失点で降板=川崎市中原区の等々力球場(撮影・山口泰弘)
日体大・矢沢宏太は6回4失点で降板=川崎市中原区の等々力球場(撮影・山口泰弘)

首都大学野球春季リーグ第7週第1日(日体大5-4帝京大、14日、等々力球場)プロが注目する投打の二刀流、日体大・矢沢宏太投手(4年)は、野球日本代表「侍ジャパン」の栗山英樹監督(61)が視察に訪れた一戦に「2番・投手」でスタメン出場し、6回6安打4失点で降板した。打者では3打数無安打1四球。七回の守備でベンチに下がった。

矢沢は一回1死一、二塁で光本将吾外野手(4年)に先制の右前適時打を浴び、直後に失策がらみで一回に計2失点。1-2の五回2死一塁では、光本に左越え2点本塁打を喫した。だが、三回には150キロ速球を投じてアピールした。

打では一回に左飛、三回にセーフティーバントを試みて投ゴロ、五回は遊ゴロ。七回は四球で出塁した。試合は日体大が逆転勝ちした。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」