「未来への10カウント」村上虹郎演じる西条桃介登場!「カムカム勇ちゃん!」「野球少年からボクシング少年に」

イザ!

「カムカム」で、初代ヒロイン橘安子(上白石萌音)の幼なじみで、彼女に思いを寄せる野球少年の勇役を好演した村上。兄の稔(松村北斗)を愛する安子に「あんころ屋の女なんか釣り合うもんか!」と辛辣な言葉を浴びせたり、会社経営を野球の打順で例える独特のビジネスセンスが朝ドラファンの間で話題になった。

SNSには「なんかカムカム思い出しちゃうな(笑)」「どこかで見た気が…と思ってたら、そうか、カムカムの勇ちゃんだった!」「カムカム見てたからたまらん 勇ちゃん強そう」「村上虹郎が関西弁で喋ってると、岡山弁喋ってた勇ちゃん思い出してもう…」「村上虹郎さんを見ると『勇ちゃんだ!』となってしまう」などのコメントがズラリ。ほかにも「勇ちゃんイメージ強すぎて坊主じゃないのが違和感www」「昭和の野球少年から令和のボクシング少年に変身した虹郎君」「今度は野球じゃなくてボクシングやるのね」などの書き込みも寄せられた。

一方、25歳で高校1年生を演じることに「25歳なのに高1出来んのすごい」といった投稿も。問題児かと思いきや、まさかのイジられキャラという設定に「やばい奴かと思ってたら、桃介かわいいかよ」「嫌な感じの子じゃなくてよかった」「思ってたより良き奴っぽくて良かった」「桃介って名前を恥ずかしがる虹郎くん可愛かった」「下の名前呼び嫌がる桃介かわいい~」などとギャップ萌えするユーザーもいた。

西条桃介役を演じる村上虹郎と、折原葵役の満島ひかり (C)テレビ朝日
西条桃介役を演じる村上虹郎と、折原葵役の満島ひかり (C)テレビ朝日
水野あかり役を演じる山田杏奈(左) (C)テレビ朝日
水野あかり役を演じる山田杏奈(左) (C)テレビ朝日
折原葵役を演じる満島ひかり(右)と、甲斐誠一郎役の安田顕 (C)テレビ朝日
松葉台高校ボクシング部の部員たち (C)テレビ朝日
大場麻琴役を演じる内田有紀(左)と、猫林はじめ役の生瀬勝久 (C)テレビ朝日
折原葵の息子・圭太役の川原瑛都と、ひかりの妹・楓役の滝沢カレン (C)テレビ朝日
  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」賢秀(竜星涼)の失恋に安堵の声「だまされるよりいい」「少し疑う気持ちも持って」

  2. 「払った料金返せ」「経営陣が説明しろ」どんなときもWiFiに批判殺到 容量無制限プラン突如終了で

  3. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  4. NHK朝ドラ「ちむどんどん」第13週、和彦(宮沢氷魚)を「諦める」暢子(黒島結菜)…歌子(上白石萌歌)の恋も動く?

  5. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」