「未来への10カウント」村上虹郎演じる西条桃介登場!「カムカム勇ちゃん!」「野球少年からボクシング少年に」

iza
西条桃介役を演じる村上虹郎 (C)テレビ朝日
西条桃介役を演じる村上虹郎 (C)テレビ朝日

木村拓哉が主演を務める連続ドラマ「未来への10カウント」(テレビ朝日系)の第5話が12日、放送され、この日から俳優、村上虹郎演じる西条桃介が登場。村上といえば、4月まで放送されていたNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」で雉真勇役を好演し話題に。ネットでは「カムカム」に絡めたコメントが目立ち、「勇ちゃん!」などと視聴者が盛り上がった。

高校ボクシングで4冠達成という輝かしい功績を打ち立てながらも、その後は度重なる不運に見舞われ、人生のどん底にいた主人公、桐沢祥吾(木村)が、ボクシングを通じて生きる希望を取り戻す姿を描く青春スポーツドラマの「未来への10カウント」。

この日の放送で、松葉台高校ボクシング部はインターハイ予選で敗退。校長の大場麻琴(内田有紀)は、ライバルの京明に負けたことを理由に桐沢を解任したが、行方不明になった1年生部員の江戸川蓮(櫻井海音)を半グレ集団から救ったことなどで、桐沢は同部コーチに復帰した。

西条は大阪から転校してきたボクシング経験のある凄腕の1年生。「この中じゃ、俺が一番強いやろうな」と生意気な口を叩いたが、桐沢から名前について聞かれると「西条でええよ」と濁し、部員たちにしつこく迫られた結果、恥ずかしそうに「桃介」と明かした。3月3日生まれのため、桃介と名付けられたことを説明した西条は「名前、いじんなよ! イジッたやつ、しばくで!」などとまくし立てたが、みんなから「桃介」と呼ばれると「最悪や…」と吐き捨てた。

  1. 「鎌倉殿の13人」5月22日OA第20話あらすじ 奥州へ逃れた義経を討つよう、頼朝から命じられた義時は…

  2. 「ちむどんどん」房子「まさかやー…」の意味、賢三との関係は?「恋人?」「東京の叔母さん?」

  3. 「ちむどんどん」次週予告に和彦の姿なし…落胆するファン続出?「どこ行った宮沢氷魚」

  4. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」