球界最少 身長164センチの西武・滝沢夏央が支配下登録

サンスポ
支配下登録された西武・滝沢夏央
支配下登録された西武・滝沢夏央

西武は13日、2022年ドラフト育成2位の滝沢夏央(なつお)内野手(18)=新潟・関根学園高=と支配下選手契約を締結したと発表した。背番号は126から62に変更された。

同選手は身長164センチで、球界で最も身長が低い選手。50メートル5秒8の俊足で。高校時代は「新潟の牛若丸」の異名を取った。1年目の今季は2軍で遊撃、二塁を中心に23試合に出場し、打率・234(64打数15安打)、0本塁打、2打点の成績を残していた。

ベルーナドーム内で会見に臨んだ滝沢は「自分のプレースタイルはスピードを生かした守備と泥臭いプレー」と自己PR。さらに「両親にも『ここからだぞ。ここで満足するな』と言われました。自分でもここは通過点で、1軍で活躍する姿を見せることが恩返しだと思う。パワーはでかい選手には勝てないが、この体でしかできないプレーもある。この身長でも(プロ野球選手として)できるという夢や希望を与えられる選手になりたい」と続けた。

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. あすの「ちむどんどん」5月17日OA第27話あらすじ 賢秀が多額の借金を残し失踪 困った暢子を救ったのは…

  3. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  4. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  5. 「おかえりモネ1周年」のハッシュタグで盛り上がる りょーちん、俺たちの菅波など振り返り胸熱に