ヤクルト、山崎先制打&山田千金打でコイ射程0・5ゲーム差 13日広島戦さぁ再奪首

サンスポ
五回に山田は左犠飛を放ち、神宮に笑顔の花を咲かせた(撮影・今野顕)
五回に山田は左犠飛を放ち、神宮に笑顔の花を咲かせた(撮影・今野顕)

ヤクルトは12日、中日8回戦(神宮)に3―1で勝利。連敗を2で止め、首位・広島に0.5ゲーム差に迫った。山田哲人内野手(29)が一回に適時打、五回に犠飛を放つなど1安打2打点、2盗塁と主軸としての役割を果たした。主将となり、自らの〝性格〟を変えた男が前夜まで2戦連続零封負けを喫していた打線を呼び起した。13日からの首位攻防3連戦(マツダ)で再び、奪首する。

三回、山田はこの日2個目の二盗を決めた
三回、山田はこの日2個目の二盗を決めた

緑の雨がっぱを着て傘を揺らすファンへ向け、ナインが深々と頭を下げた。左袖にキャプテンマークを付ける山田は右手で帽子を外し、左右に振って破顔一笑。ゼロ行進が続いた神宮の戦いに終止符を打ち、首位に迫った。

「バッティングカウント(2―0)だったので甘い球は振っていこうと思いました。追加点になって良かったです」

1―0の一回無死二塁から左前へ適時打を放った山田は安堵(あんど)のコメントを残した。10、11日と本拠地で2試合連続の零封負け。打線全体に重苦しい雰囲気が漂ったが、早々に打破した。一回先頭の塩見が中前打で出塁すると、続く山崎の適時二塁打で3試合ぶり、19イニングぶりの得点。攻撃の手を緩めず、続く山田もファーストストライクを捉えた。

7年契約を結んだ昨季、志願して主将に就任した。周りを巻き込んで、チームを強くする。そのためには今まで以上の結果を残し、背中で引っ張っていかないといけない。その思いから〝性格〟まで変えた。

  1. あすの「ちむどんどん」5月27日OA第35話あらすじ 良子の披露宴が行われるなか賢秀は再び沖縄を離れ…

  2. 「ちむどんどん」“金の亡者”房子=賢三の叔母で確定? ネットの反応「同一人物かな」「三郎の表情が…」

  3. 「おちょやん」テルヲ以上のクズキャラか?「ちむどんどん」手切れ金要求の賢秀に視聴者あ然「一番の最低エピソード」

  4. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走