「ちむどんどん」予告映像に宮沢氷魚が! 「ゆがふの店長」の姿に「ちゅらさん」ファンも大興奮!?

iza
宮沢氷魚
宮沢氷魚

NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」の第25話が放送された13日、本編の最後に第6週以降の展開を紹介する予告映像が流れた。青柳和彦役を演じる宮沢氷魚など、新しく登場するキャストに注目が集まった。

沖縄のサトウキビ農家の次女として生まれ、沖縄料理に夢をかけるヒロインとそのきょうだいたちの姿を描く「ちむどんどん」。沖縄の本土復帰から50年目に合わせて放送され、女優の黒島結菜が主演を務める。タイトルの「ちむどんどん」は、沖縄の言葉で「心がドキドキする」を意味する。この日は第5週「フーチャンプルーの涙」(第21~25話)の最終話で、高校卒業後の上京が決まった暢子が、やんばるを離れる日までの家族や幼なじみたちとの時間を満喫する様子が描かれた。

そして、ドラマ本編終了後に予告映像「これからのちむどんどん」が流れた。次週から、主な舞台が東京と横浜・鶴見に移る。映像には、本格的なレストランで西洋料理に目を輝かせたり、コックコートに身を包み厨房で忙しそうに働く暢子の様子や、沖縄二世が多く住み「リトル・オキナワ」とも呼ばれる横浜市鶴見区の居酒屋の場面が展開。やんばるの製糖工場の息子、喜納金吾(渡辺大知)からの暢子の姉、良子(川口春奈)へのプロポーズ、涙を流す良子、戸惑いの表情を見せる石川博夫(山田裕貴)、競馬に興じる暢子の兄、賢秀(竜星涼)といったカットも盛り込まれていた。また、新しい登場人物として、鶴見の沖縄県人会会長、平良三郎(片岡鶴太郎)、東京のイタリアンレストラン「アッラ・フォンターナ」のオーナー、大城房子(原田美枝子)と料理長の二ツ橋光二(高嶋政伸)の姿も。子供のころに一時期沖縄に移住し、やんばるで暢子と親交のあった和彦も大人に成長した姿で登場し、暢子と再会する場面が見られた。

  1. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. 〝忘恩の国〟韓国に尋常でない米国の怒り、国営放送で政権の本音が 「対露制裁」は口だけ、国民にウソがバレそうになり慌てた文政権

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 【日米首脳会談】裕子首相夫人が外交デビュー 伝えた「日本の美」