あすの「ちむどんどん」5月13日OA第25話あらすじ 沖縄が本土復帰を果たした日、暢子もいよいよ上京!

iza
(左から)暢子(黒島結菜)、優子(仲間由紀恵)、良子(川口春奈)、歌子(上白石萌歌)(C)NHK
(左から)暢子(黒島結菜)、優子(仲間由紀恵)、良子(川口春奈)、歌子(上白石萌歌)(C)NHK

沖縄のサトウキビ農家の次女として生まれ、沖縄料理に夢をかけるヒロインとそのきょうだいたちの姿を描くNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」(NHK総合など)の第25話が13日、放送される。

主人公の比嘉暢子を女優の黒島結菜が演じ、その家族として仲間由紀恵、竜星涼、川口春奈、上白石萌歌が出演。語りをジョン・カビラが務める。なお、タイトルの「ちむどんどん」は、沖縄の言葉で「心がドキドキする」を意味する。

ドラマは現在、第5週「フーチャンプルーの涙」(第21~25話)が放送中。東京へ行き、西洋料理のコックになるという夢が見つかり、将来に希望を持った暢子だったが、兄の賢秀(竜星)が投資詐欺に引っかかり、その影響が暢子や家族たちに及んだ。

金銭的な事情から、借金をする大叔父の賢吉(石丸謙二郎)に東京行きを反対された暢子は、沖縄の内間食品に就職することが決まった。

一方、親友の前田早苗(高田夏帆)は東京の大学に合格。今後、地元で働き続けることになるため、暢子は、思い出作りのため、春休みに東京に遊びに行きたいと母の優子(仲間)に頼んだ。娘を思いやり、東京へ行くことを許そうとする優子だったが、姉の良子(川口)は「東京に行くお金がどこにあるん?寝ぼけたこと言わないで」とピシャリ。暢子が「小学生の頃から家族のごはん作ってきたうちの身にもなって!」と反論すると、2人は言い合いになり、暢子は「もう 嫌!ごはんとか作らない!」と激怒した。良子は「ほっとけばいいさ」と突き放したが、実は、学校からお金を借り300ドルを工面しており、それで暢子を東京に行かせてやりたいと考えていた。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  3. さんま、上島竜兵さんに「本当に好きな芸人が一番嫌いな死に方をしたから、ちょっと腹が立ってる」

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」