大人のエンタメ

ボタンをひとつ掛け違えれば…運命に翻弄される2人 「流浪の月」13日公開

zakzak
映画「流浪の月」
映画「流浪の月」

今年一番の話題作だろう。13日公開の「流浪の月」は本屋大賞受賞の傑作小説を「悪人」「怒り」の李相日監督が映画化。広瀬すずと松坂桃李が、運命に翻弄される2人を強烈なインパクトで銀幕に刻んだ。

かつて女児誘拐とされた事件の当事者が大人になり、偶然出会ってしまったらどうなるのか。許されない宿命だったのか。名作「シベールの日曜日」をほうふつとさせる物語は、ボタンをひとつ掛け違えればこうなるかもしれないという現実の怖さを感じさせる。

大人になった更紗(広瀬)が同棲(どうせい)する亮(横浜流星)に暴力をふるわれ、裸足で町なかをさまようシーンは言い知れないインパクトがある。だが、更紗の少女時代を演じた白鳥玉季の熱演も忘れられない。

松坂の徹底した体作りは有名。テレビに出るたびに「激やせ」「病気では」とファンがざわつく。今回も風呂なしのアパートでひとり寝起きして体を作ったそうだ。

ともあれ美しくも胸を締め付けるラブストーリーはこうして完成した。 (望月苑巳)

  1. 23日スタート「ちむどんどん」第7週あらすじ 房子は暢子に因縁? 良子は金吾から執ような求婚を受け続け…

  2. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  3. 「鎌倉殿の13人」5月22日OA第20話あらすじ 奥州へ逃れた義経を討つよう、頼朝から命じられた義時は…

  4. NYでジャパン・パレード 日米友好盛り上げる

  5. 露軍、渡河失敗で打撃 英国防省が分析