中国、コロナ初確認の北に「いつでも支援用意」

産経ニュース
中国外務省の趙立堅副報道局長(共同)
中国外務省の趙立堅副報道局長(共同)

【北京=三塚聖平】中国外務省の趙立堅(ちょう・りつけん)報道官は12日の記者会見で、北朝鮮で新型コロナウイルスのオミクロン株の感染者が確認されたことに対し、「同志、隣人、友人として、北朝鮮が感染症と戦うためにいつでも支援と援助を提供する用意がある」と述べた。

趙氏は、北朝鮮側に対し「新型コロナの発生以来、中国の防疫対策を一貫して揺るがず支持してくれたことに深く感謝している」と表明した。

中朝両国は4月、中国遼寧省丹東市での感染拡大を受け、丹東と北朝鮮・新義州を結ぶ貨物列車の運行を一時停止している。

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  3. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  4. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  5. 上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛