3年ぶり本格パレードへ 山形花笠まつり

産経ニュース
3年ぶりに本格開催を決めた山形花笠まつりで「コロナから立ち上がるきっかけになれば」とあいさつする山形県花笠協議会名誉会長の佐藤孝弘山形市長(左)=12日、山形市(柏崎幸三撮影)
3年ぶりに本格開催を決めた山形花笠まつりで「コロナから立ち上がるきっかけになれば」とあいさつする山形県花笠協議会名誉会長の佐藤孝弘山形市長(左)=12日、山形市(柏崎幸三撮影)

山形花笠まつり(山形市)を主催する山形県花笠協議会は12日、新型コロナウイルスの感染対策をした上で、恒例の市中心のパレードを3年ぶりに実施すると決めた。8月5~7日の3日間で感染状況悪化の場合は、中止することもある。

協議会によると、感染対策として、出演者や観覧者にはマスクの常時着用を呼びかけ、出演者は県内団体のみに限定し、人数も上限100人にまで絞る。パレード中のかけ声は禁止し、熱中症対策として、1・1キロのパレードを800メートルに縮小する。

協議会会長の矢野秀弥山形商工会議所会頭は「今年で60回目。何とか開催までこぎつけた。感染対策を実施し、みなさんに楽しんでもらいたい」と話した。

実行委員長の鈴木隆一副会頭も「昨年は野球場で形を変えて開催し、実績を得た。これを踏まえ本格実施に向け挑戦していきたい」と述べた。

山形花笠まつりは、紅花で彩ったかさを手に、着物や浴衣を着た男女が舞い歩いてパレードする。新型コロナの感染拡大で一昨年は中止となり、昨年は山形市内の野球場を会場にしての開催だった。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  3. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 18日OA間宮祥太朗主演「ナンバMG5」第5話あらすじ 少年忍者・小田将聖登場!吟子に勉強を教えるが…