大谷翔平は4位 1位はマイク・トラウト 大リーグ公式サイトのシーズン序盤MVPランキング

サンスポ
今季は投手としての評価が高い大谷翔平
今季は投手としての評価が高い大谷翔平

【ニューヨーク11日(日本時間12日)】米大リーグの公式サイトが、11日までの成績などから今季MVP候補のランキングを発表した。エンゼルスの大谷翔平投手(27)がア・リーグ候補の4位に入った。

同ランキングは大リーグ公式サイトの記者64人が投票し、選出。大谷について「昨季の満票MVP受賞者は今季も毎日のように存在感を示している。二刀流のスーパースターはマウンド上でメジャーに来てから一番調子がよいようだ。今季ここまで32回1/3を投げ防御率2.78、三振/四球率は驚きの46三振に対し四球は7」と伝え、「投手・大谷」のパフォーマンスを高評価した。

一方、「打者・大谷」については「毎日出場し6本塁打、6二塁打、5盗塁、21打点をマーク」と数字を紹介した。ランキング1位は64中、39票獲得をした同僚マイク・トラウト外野手(30)。「ここまで大リーグトップで自己最高の1・183OPSをマークし、9本塁打19打点。今季チームが勝っているのもボーナスだ」と説明した。

トラウトが今季MVPを獲得すれば4度目となり、バリー・ボンズの7度に次ぐ快挙。2位は打率・297で大リーグトップの30打点を記録しているラミレス(ガーディアンズ)、3位には11日(日本時間12日)にキャリア初のサヨナラ本塁打を放つなど、本塁打争いトップの10本をマークしたジャッジ(ヤンキース)が入った。

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  3. あすの「ちむどんどん」5月17日OA第27話あらすじ 賢秀が多額の借金を残し失踪 困った暢子を救ったのは…

  4. 露副首相 北方領土「ロシアのものにする」

  5. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」