演歌歌手の佐々木新一さん死去、75歳 「あの娘(こ)たずねて」が大ヒット

サンスポ
佐々木新一さん
佐々木新一さん

「あの娘(こ)たずねて」の大ヒットで知られる演歌歌手、佐々木新一(本名・佐々木新市=ささき・しんいち)さんが12日午前4時頃、胃がんのため東京都内の自宅で死去した。75歳だった。

この日、所属するキングレコードが発表。葬儀・告別式は15日、家族葬として営まれ、妻、幸恵(さちえ)さんが喪主を務める。2016年に胃がんが見つかり、治療や手術を受けながら活動を続け、18年5月に発売した「別れの港」が最後のシングルとなった。

佐々木新一さんの「あの娘をたずねて」「若い涙よ風に散れ」のジャケット写真
佐々木新一さんの「あの娘をたずねて」「若い涙よ風に散れ」のジャケット写真

青森・藤崎町出身。1946(昭和21)年12月3日、津軽三味線奏者の父と民謡歌手の母の間に誕生した。63年、高校2年のときに上京し、作曲家、故櫻田誠一さんの門下生となり65年、「若さの世界」でデビューした。

翌66年の「あの娘たずねて」がミリオンセラーに。つややかで伸びのあるハイトーンボイスで人気を集め、その後も「リンゴの花が咲いていた」「君が好きだよ」「里ごよみ」などがヒット。12年には鏡五郎(77)、池田輝郎(69)とともに、中年男性歌手ユニット「佐田鏡五一郎」を結成し、話題を呼んだ。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  3. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図